TOPページへ事務所概要弁護士の地位と社会的役割業務内容報酬基準弁護士紹介アクセス
弁護士の地位と社会的役割
弁護士の使命と地位
弁護士法は、その冒頭において、弁護士の使命と職務について規定を置いています。

第1条(弁護士の使命)
弁護士は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とする。
2.弁護士は、前項の使命に基き、誠実にその職務を行い、社会秩序の維持及び法律制度の改善に努力しなければならない。
第2条(弁護士の職責の根本基準)
弁護士は、常に、深い教養の保持と高い品性の陶やに努め、法令及び法律事務に精通しなければならない。
第3条(弁護士の職務)
弁護士は、当事者その他関係人の依頼又は官公署の委嘱によつて、訴訟事件、非訟事件及び審査請求、異議申立て、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件に関する行為その他一般の法律事務を行うことを職務とする。
2.弁護士は、当然、弁理士及び税理士の事務を行うことができる。


弁護士は、上記弁護士法第3条に記載のとおり、ほとんどあらゆる法律事務を取り扱うことができます。
また、裁判官、検察官と並ぶ法曹として法律上いくつかの特別の権利ないし利益を与えられ、
他の法律職と異なり自治を認められています(弁護士自治)。
弁護士の社会的役割と責任
弁護士は、上記のとおり一定の強力な地位を与えられている一方、重い社会的責任を負っており、その使命と職責を誠実に果たすことを強く期待されていると言えます。